公認会計士に関するブログの更新情報

講師のブログ


働きながら受験


会計大学院に通いながら受験


受験に専念


2005年度合格者の記録


公認会計士の実務


株式投資関係


管理人の勉強記録

2006年01月12日

簿記ステップ答練第8回

本社工場会計の問題だったのですが、何だかたくさんケアレスミスをしてしまいました。

そんなに難しい問題ではなかったはずなので、反省です。

あと、労務費の、源泉税預り金や社会保険料預り金や法定福利費関係の論点は、普通にできませんでした。ここは要復習です。
posted by リアル at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 簿記ステップ答練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

管理会計論 計算答練第2回

第一問の問題1では、問4は意味がよく分からず、できませんでした。
問5の理論も書けませんでした。
どれくらいの人ができているか気になるところです。

第一問の問題2の連産品の計算は問題なく出来ましたが、やはり減損が途中に発生していたりすると、正常市価を算定する時に、加工費の計算を間違いやすいので、常に気を付けていきたいです。
連産品と副産物の理論はもう少し精密度を高めて書けた方が良いように解答を見て思いました。やはりこういう基本的なところを確実にしていきたいです。

第二問の問題1は、標準原価カードが「製品12kgあたり」になっていたので、12kgで割ったり、減損前の15kgで割ったりするのをうっかり忘れてしまって、ドカッと間違えてしまいました。よくよく見ると、金額が大きいので、間違いに気が付くはずですが、うっかりでした。しかし、本試験ではうっかりでは済まないミスなので、心に留めておきたいです。
問5の売上原価の計算で、材料受入価格差異の払出分の按分計算を忘れていました。気を付けたいです。

第二問の問題2は、修正パーシャルプランだったので、価格差異や賃率差異は「─」でした。合ってはいたのですが、うっかりしそうだったので、これからも問題文の条件はしっかりと見ていきたいです。
posted by リアル at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理会計論2時間答練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

簿記ステップ答練基礎第7回

本支店会計の問題でした。

資料Vの6.の支店受入額と、支店仕入額の、引っ掛けのようなところには引っ掛からなかったのですが、気を付けておくべきところだと思いました。

貸倒引当金の「追加法=差額補充法」ということを知りませんでした。憶えておこうと思います。したがって、本支店独特の相殺した結果をP/Lに表示ということは知っていましたが、ココは処理できませんでした。

新株予約権(保有者側の処理)は、あいまいだったので、売買目的有価証券とその他有価証券の区別をしっかりと付けたいと思いました。

あと、資本金を出したのですが、新株予約権付社債が行使されて、増えているのに、前T/B上の金額で出してしまいました。ケアレスミスなので、気を付けていきたいと思います。

比較的点数は積み重ねることができましたが、私は全体的に精算表の問題に弱いように思いました。
posted by リアル at 22:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 簿記ステップ答練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。