公認会計士に関するブログの更新情報

講師のブログ


働きながら受験


会計大学院に通いながら受験


受験に専念


2005年度合格者の記録


公認会計士の実務


株式投資関係


管理人の勉強記録

2005年12月25日

簿記計算答練第1回

第一問は、商品売買の問題でした。
・売価還元平均原価法は、未処理の返品分を考慮せず3300円計算時点でズレてしまって、間違えてしまいました。
しかし、この方法は期末評価の方法なので、繰越商品などは合わせられるので、減点は最小限に抑えられたように思います。
・個人的に、日割り計算がちょっと手間が掛かってしまっているので、計算手順を考えたいと思いました。

第二問は、帳簿組織の問題でした。
・特殊仕訳帳の相手勘定の諸口欄は、特殊仕訳帳からの「個別」転記であるということを、しっかりと記憶しておかなければならないように思いました。
・特殊仕訳帳、補助元帳から読み取る、普通仕訳帳に記入される取引も、定型化できるようで、講師のレジュメでチェックしておきたいです。
・割引・裏書関係で、貸倒引当金が動く処理は、間違っていたので、復習したいです。
・相変わらず、合計転記項目で、一部当座取引と絡んでいるものは、転記されない項目なので、チェックマークを付す必要があるのに(今回の問題だと、当座預金出納帳の売掛金と受取手形の一部)、できていないので、ココは特に気を付けたいです。
・問2、問3の「0」という金額は、いまいち、まだ把握できていないので、これから整理したいと思います。
【関連する記事】
posted by リアル at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 簿記2時間答練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11039733
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。