公認会計士に関するブログの更新情報

講師のブログ


働きながら受験


会計大学院に通いながら受験


受験に専念


2005年度合格者の記録


公認会計士の実務


株式投資関係


管理人の勉強記録

2005年12月26日

簿記計算答練第2回

第一問は、本支店会計、それも複数支店の問題でした。
自分としては、支店分散計算制度と、本店集中計算制度の、区別をもう少ししっかりと把握しようと思いました。
あと、支店分散計算制度から本店集中計算制度への組替えも、完全には把握できていないように思いました。これも要復習です。
「減価償却費及び固定資産除却損を支店に負担させる分だけ、本支店勘定が変動すること」もしっかりと心に留めておきたいです。
全体的な失点は少なかったですが、問3は最後の0以外はできませんでした。

第二問は、特殊商品売買の問題でした。
未着品の売上原価部分を、前T/Bの仕入勘定に振り替えているのに、それを考慮しないで、結局原価率が出ませんでした。ケアレスミスレベルなのですが、最後まで、自分のミスに気が付かなかったので、良くないなと。ちょっと鈍っているように思いました。すると、原価率関連が外れてしまうのですが、講師の方がおっしゃっていたように、それでも取れるところは多いので、もし仮に本試験だったとしても焦らずにいきたいです。
他は特に間違えたところはありませんでした。全体的に40分くらいで出来て、量の少ない問題だと思いました。

CASIOの電卓
1.0404÷÷22060====GT→80000

という、定数計算機能とGT機能を用いるリース料総額の割引現在価値の算定方法は便利だと思いました。
【関連する記事】
posted by リアル at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 簿記2時間答練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。