公認会計士に関するブログの更新情報

講師のブログ


働きながら受験


会計大学院に通いながら受験


受験に専念


2005年度合格者の記録


公認会計士の実務


株式投資関係


管理人の勉強記録

2006年01月01日

簿記ステップ答練基礎第7回

本支店会計の問題でした。

資料Vの6.の支店受入額と、支店仕入額の、引っ掛けのようなところには引っ掛からなかったのですが、気を付けておくべきところだと思いました。

貸倒引当金の「追加法=差額補充法」ということを知りませんでした。憶えておこうと思います。したがって、本支店独特の相殺した結果をP/Lに表示ということは知っていましたが、ココは処理できませんでした。

新株予約権(保有者側の処理)は、あいまいだったので、売買目的有価証券とその他有価証券の区別をしっかりと付けたいと思いました。

あと、資本金を出したのですが、新株予約権付社債が行使されて、増えているのに、前T/B上の金額で出してしまいました。ケアレスミスなので、気を付けていきたいと思います。

比較的点数は積み重ねることができましたが、私は全体的に精算表の問題に弱いように思いました。
posted by リアル at 22:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 簿記ステップ答練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
受験勉強の息抜きは会計士用語のタイピングを!ぜひお立ち寄りくださいませ。
Posted by 会計士タイピング at 2006年01月09日 05:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。